講師紹介

home > レッスン情報 > 講師紹介 > 水野慎太郎

弦楽器

ジャズバイオリン

水野慎太郎みずのしんたろう

経歴

愛知県みよし市在住。
鈴木メソッドにてヴァイオリンを始める。
名古屋芸術大学音楽学部器楽科卒業。
2000年、セントラル愛知交響楽団とヴァイオリン協奏曲を共演。
2004年から2年間、チェコ共和国プラハコンセルバトワールへ留学。勉強の傍ら、現地南米人らとタンゴバンド「SIN-RUMBO」を結成し、ヨーロッパ各地で演奏。
その後アルゼンチンへ渡り、タンゴヴァイオリンをピアソラ五重奏団最後のバイオリニスト、スアレスパス氏に師事。
帰国後はジャズバイオリニスト北床宗太郎氏に師事。
現在フリーの演奏家として、多分野で活動中。
これまでに1枚の無伴奏アルバム、4枚デュオアルバム(バイオリン&ピアノ)をリリース。

趣味

犬、猫と遊ぶこと。食べること。お酒。

楽器との出会い

マンションの両隣にバイオリンの先生がいたことから母が習わせてくれました。

メッセージ

クラシックとは違う感覚を覚えながら、一緒に自分の音探しを始めましょう!!
(ジャズバイオリンだけでなく、アルゼンチンタンゴ、またバイオリンのお悩み相談、バイオリンの基礎から上級者への指導もいたします)

担当コース