講師紹介

home > レッスン情報 > 講師紹介 > 加藤 優弥

弦楽器

コントラバス

加藤 優弥かとう まさや

経歴

12歳より刈谷市立依佐美中学校にてコントラバスを始める。
私立安城学園高等学校芸術コースに進学。
高校生在学中、2017年第6回日本学校合奏コンクール全国大会ソロ&アンサンブルにおいてソロ部門銀賞受賞。
2018年第7回日本学校合奏コンクール全国大会ソロ&アンサンブルにおいてソロ部門銀賞受賞。
2016年〜2018年までNHK名古屋青少年交響楽団在籍。2018年デンマークコリング音楽学校と共演。
2019年イタリアミランドラ音楽学校と東日本大地震復興支援演奏会にて共演。2020年学内にて、ニューヨークフィルハーモニー管弦楽団岡本哲史氏のマスタークラスレッスン受講。
これまでに、奥田敏康、谷脇友里恵、渡邊玲雄、青山小杖、菅沼希望の各氏に師事。ピアノを西尾学、掛谷勇三氏に師事。
2021年アメリカ・ルイジアナ州立大学との協同プロジェクトに参加(Louisiana Bass Fest)また、ドイツヴュルツブルク音楽大学教授コントラバス文屋充徳氏によるマスタークラスレッスン受講。
現在、愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻に在籍中また、岐阜県立桜丘中学校吹奏楽部外部トレーナーなど各中学校、高校にも指導を行っている。 安城市交響楽団団員としても活躍中。

趣味

たくさん食べること。お寺や神社巡りまた御朱印集め。

楽器との出会い

中学校のオーケストラ部で楽器を始めました。もともとヴァイオリン志望でしたが、当時身長が高かったためコントラバスを弾くことになりました。音が弦楽器の中でも低音またとても重く嫌でした。ですが、オーケストラでのコントバスの重低音が全体を支えてる響きのある音に魅了されたのがきっかけです。

メッセージ

コントバスは一見地味に見える楽器ですが、音域がとても広く魅力のある楽器です。また、様々な場面で活躍する楽器でもあります。難しく考えずに楽しくレッスンすることをモットーに、一人一人の目標に合わせて楽しく音楽を共有しましょう!

担当コース

コントラバスコース ,